アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「手作り編」のブログ記事

みんなの「手作り編」ブログ


理由付け

2010/06/02 03:14
例えば、下のような感じのシャンテンになった場合の判断て難しいような気がする。

画像


三索四索五索が入り目ならばさほど悩まずに追っかけリーチと行ける。

けれども、六萬九萬を先に引いた場合はどうですかね?


個人的にはそれでも追っかけたい。

となると、四索を打ってリーチといくか、それとも六索を曲げるか?

まあ、こんなんはどっちでもいいと思いますけどねー。

当たる可能性も大して変わらないかと。

となると、いくらかでも出アガリを拾えそうな六索がいいんじゃないかな?

もしかしてアンパイに困った他家が三索をポロリしてくれるかも知れない。

ほぼ勘勝負の2択選択が必要な場面でも、なんらかの理由(言い訳)を付けた方がいいかも知れないですね。


もうひとつ。

画像


シャンテンから五筒or八索の選択。

これは五筒とした。

ドラ受けとか567の三色まで想定したら当然の選択かも知れないですが・・。

こういう二択でも「なぜその打牌を選んだのか?」ってことは考た方がいいですね。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


チートイ堂々巡り

2010/05/19 22:07
先日テーマにしたチートイについて、また取り上げてみます。

まずは↓の配牌を。
画像


ふむ・・・
なんとも言えない配牌かな。。

とりあえずは手なりでこんな感じのチートイシャンテンに↓

画像


そしてここで南が上家から2枚目の出てきた。
とりあえずチートイのシャンテンだし仕掛けたらドラが出て行くので、普通ならノータイムのスルーなのかな?

ここはスルーして、少し後、こんな形で今度は2枚目の中が出た↓

画像


むむ・・・安西先生・・・鳴きたいです・・・^^;

これが4トイツだったら間違いなく仕掛けてる。はず。

ただ、
【中をポンし、北を放してまで1500or7700点を取りに行くのってどうなの?しかも7700となったらかなり遠くねー?】ってとこなんですよね。

こういう手だったらチートイと心中するつもりでキメ打ちするべきなのかな。
なんとか中をスルーしてチートイ一直線。

その後数巡は堂々巡り。
手持ち3枚を狙い通り重ねられる気がしない^^;

でも、最終的にはドラが重なってテンパイ→赤5m出上がり12000点を拾うことが出来た↓

画像


結果的には(当然)鳴かないで正解。

やはり、チートイの基準は、

・4トイツ→仕掛けや横の伸びも出来るだけ意識しながら打つ
・5トイツ→基本はキメ打ちでok。特にドラが1枚でもあるなら積極的に狙うべき。あとは山読みに集中し、全力で3種の牌を重ねに行く。

とりあえずはこんなところでしょうね。
山読みの精度が大事になってくるなー。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2


ドラと手広さの選択

2010/05/16 17:44
今回はドラと手広さの選択について少し。

まずは先日打ってた一局を↓

画像


シャンテンからあまりうれしくない一索ツモ。

さて、何を切りましょうかね?

とりあえずの打牌候補はドラを使い切るための一索ツモ切りor手広く受ける打二筒かな。

ちなみに自分は二筒を切った。最終的にカン三筒の受けが残ってもなー・・・てのと、345の三色の可能性を考えるとここでドラを放しての手牌変化に期待したほうがいいのかな?という程度のもんですが。
あとは裏目の三筒ツモでも打五筒でいい形のシャンテンには取れるし。

最終的には三萬ツモで三索六索待ちの平凡なリーチで一発ツモの1000・2000のアガリ↓

画像




次はコレ↓

画像


どのリャンメンターツを外すか?ってところ。
これも三色が絡んでますね。

さて、どーするかなー?と思ってたけど、とりあえず九筒が二枚飛んでるので、七筒八筒を外してみた。

すると・・

画像


裏目の九筒ツモ^^;

これは234の三色と仕掛けを考えると、一索三索を外してソーズの234を確定させた方がよかったのかな。。
そうすると二筒も仕掛けられるし。

難しいところですね。

まあ、どうしても結果論にはなっちゃいますけどね^^;
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4


チートイ考察1

2010/05/08 02:33
先日、しーらさんがついに五段を獲得されたとか。

すげー^^;

ムリゲーと見る専門家も少なくないとされる五段条件をクリアするとは恐ろしや・・

R2200は確変次第でなんとかなるけど、80戦平均順位1.95は極悪すぎるでしょ^^;
相当実力ないと五段はムリだろうし、さすがですねー。

画像



自分はというと、四段もまだの状態なんだよなー・・。
と思って段位分布グラフを見てみると、

あれ?

画像


四段のところにカウントされてる?
いつのまに四段になったんだ?

って思ってたら普通に三段のままでした^^;
なんかのバグか?

さて、それはいいとして、最近少しチートイを意識しての手作りをしてみようかと思ってまして、その実戦譜例を一つ。↓
画像


東発4巡目、チートイが見えてきた。
ただ、ここではまだキメ打たない。横の伸びも考慮して、打南。

次に5巡目ツモ4p↓
画像


ここでもチートイシャンテンは維持するために打3s。
ただ、まだ横の伸びは捨てない。


そして6巡目ツモ9m↓
画像


一応ここでチートイは見切って47s、47p受けのシャンテン形に受けた。

とりあえず今のところはこんな感じで。
とにかくチートイが見えるからと言って簡単にはキメ打たない。
ただし、出来るだけ横伸びを追える範囲でトイツ形は大事にする。

こういうスタイルが果たして吉と出るか凶と出るか?

【二兎を追うものは一兎をも得ず】か?それとも・・・
【二兎を追うもののみが二兎を得る】なのか?

もうちょい様子見ですかね。
ただ、キメ打たないとテンパイ形で待ち頃の牌で待てないっていうデメリットが結構大きい^^;
【チートイ4p単騎待ち】とかになっちゃうとさすがにリーチ打てないからなー。
やっぱり待ちとしては1枚切れの字牌なんかがベストかな。
ただ、そういう牌を残してしまうと横の伸びを追えなくなるし・・・

難しい。。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2


トップへ | みんなの「手作り編」ブログ

赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜 手作り編のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる