アクセスカウンタ

<<  2010年6月のブログ記事 zoom RSS

トップへ


ブログ移転しました

2010/06/14 01:10
色々整理して、やっとブログ移転しました。

まだ準備は万端ではないですが、それなりに過去の記事等もカテゴリ毎に整理しました。

移転先はコチラです^^

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


出るポン見るチー

2010/06/10 02:39
久しぶりの更新ですm(_ _)m

そろそろブログ移転しようかなと思って準備してます。
やっぱりFC2イイネ。

さて今回はなんでも仕掛けるべき?事例についてでございます。

と言ってもそんなにたいしたネタでもなく、当たり前と言ったら当たり前のもんなんですが^^;

では↓を

画像


オーラスで競ってる場面、久しぶりにこんなにアツい手が入った。
設定が低かっただけに是非ともモノにしたい手。

ネックはカン2m。ここを先に捌ければトップはほぼ確定というところ。

画像


ただし、アガリトップでオーラスという局面。
こういう場合はまずどんなに苦しい形でも1鳴きで聴牌を取れる以上、36sからでも当然仕掛けるべき、、かと。
別に急所から仕掛けて、強い待ちを作る必要はあまりないですね。

まずは【アガリ牌が出た時点でトップ】
という状況を作り出したい。

というところで↓のように3sが出た。

画像


速攻で食いつき、カン2m待ちで聴牌。
後はしばらくオートツモ切りかな?
ってところだったけれども、あっさりトップ目の下家から2mが出て終了。

状況によってはリャンメンを仕掛けてカン(ペン)チャンで待たなければならない、ってことですね。
まあ当たり前だけど^^;

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


理由付け

2010/06/02 03:14
例えば、下のような感じのシャンテンになった場合の判断て難しいような気がする。

画像


三索四索五索が入り目ならばさほど悩まずに追っかけリーチと行ける。

けれども、六萬九萬を先に引いた場合はどうですかね?


個人的にはそれでも追っかけたい。

となると、四索を打ってリーチといくか、それとも六索を曲げるか?

まあ、こんなんはどっちでもいいと思いますけどねー。

当たる可能性も大して変わらないかと。

となると、いくらかでも出アガリを拾えそうな六索がいいんじゃないかな?

もしかしてアンパイに困った他家が三索をポロリしてくれるかも知れない。

ほぼ勘勝負の2択選択が必要な場面でも、なんらかの理由(言い訳)を付けた方がいいかも知れないですね。


もうひとつ。

画像


シャンテンから五筒or八索の選択。

これは五筒とした。

ドラ受けとか567の三色まで想定したら当然の選択かも知れないですが・・。

こういう二択でも「なぜその打牌を選んだのか?」ってことは考た方がいいですね。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


<<  2010年6月のブログ記事

トップへ

赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜 2010年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる