赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 理由付け

<<   作成日時 : 2010/06/02 03:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

例えば、下のような感じのシャンテンになった場合の判断て難しいような気がする。

画像


三索四索五索が入り目ならばさほど悩まずに追っかけリーチと行ける。

けれども、六萬九萬を先に引いた場合はどうですかね?


個人的にはそれでも追っかけたい。

となると、四索を打ってリーチといくか、それとも六索を曲げるか?

まあ、こんなんはどっちでもいいと思いますけどねー。

当たる可能性も大して変わらないかと。

となると、いくらかでも出アガリを拾えそうな六索がいいんじゃないかな?

もしかしてアンパイに困った他家が三索をポロリしてくれるかも知れない。

ほぼ勘勝負の2択選択が必要な場面でも、なんらかの理由(言い訳)を付けた方がいいかも知れないですね。


もうひとつ。

画像


シャンテンから五筒or八索の選択。

これは五筒とした。

ドラ受けとか567の三色まで想定したら当然の選択かも知れないですが・・。

こういう二択でも「なぜその打牌を選んだのか?」ってことは考た方がいいですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^

最初の場面だと、リャンメン先に入ったら私の場合はカン5s待ちに取ります。
理由は赤5sを捕まえるためと、裏目った場合に一番悲惨で
メンタル面に悪影響を与えそうな赤牌での放銃を避けるためですw

色々と判断基準はあると思いますけど、やっぱり赤牌を捉える手牌構成
を意識するのがマイセオリーですね。
二軒リーチなので6s切りで3s狙いというのも和了率を上げるには
ひとつの方法としていいのかも、と思うので何が正しいのかは正直分かりませんが
自分なりの理由付けができる打牌選択ができればいいのかな、と思います。
すかいねっと
2010/06/02 22:40
最初のは4s切るし、
後のほうは8s切ります。

赤が見えていない状況なら、
いついかなるときでも(いいすぎww??)
赤ツモに備えるのが基本だと思いますです。

初めてなのに、
生意気なこと書いてすいません。
また。
元連盟員ww
2010/06/03 01:29
>すかいねっとさん
こんばんはー^^
たしかに赤を考えれば5sを狙う十分な理由になりますね。5s待ちに取るのももちろんアリだと思います。
出アガリを考えるか、赤を確実に捕らえにいくかは人それぞれかと思いますね〜。。

自分なりの選択基準があればそれに従うのがベストでしょうね^^
テンテン
2010/06/03 01:31
>元連盟員さん
はじめまして^^しーらさんじゃないですよね?
確かにそうかも知れないですね。2つ目は赤よりも手の伸びを意識してました。

>赤が見えていない状況なら、
いついかなるときでも(いいすぎww??)
赤ツモに備えるのが基本だと思いますです。
その通りかと思います。ロン2なら赤はドラ扱いでしかないですが、5000点相当のリアルならば受け間違いがかなりアツくなってしまいますからねー。
ご意見ありがとうございます。
テンテン
2010/06/03 01:36
ちわっ^^
昨夜の対戦でちょうどこのケースに遭遇しましたよ。
いつもならバッタに受けるところを、この記事を読んでたんでカンチャンに受けたら出ましたーw
何気に役立っているブログですw

2010/06/05 18:24
>桃さん
ちわー^^
ネット麻雀だと赤に祝儀がつかないんで、待ちが弱い場合は出上がり重視という選択肢も一つですよね。
色々と引き出しを増やしていってくださいね^^
@テンテン@
2010/06/07 09:15
いつも楽しく拝見させてもらってます、初コメ失礼します^^
1つ目のはテンさんと同じ理由で6s、2つ目のはドラ7m受け/赤5p受けを満足する8sとします。

それと、前記の元連盟員さんは僕ではないですよ〜
しーら
2010/06/08 12:56
>しーらさん
コメントありがとうございます^^
連盟員さん違いましたか^^;
失礼しましたm(_ _)m
また明日よろしくです^^
テンテン
2010/06/10 00:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
理由付け 赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる