赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 二軒リーチへのケア

<<   作成日時 : 2010/05/30 03:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、前回ひゃんさん、仙台人さんから指摘のあった7p打ちの局面について完全に説明不足だったので、今回はそこについて触れてみます。

要するに二軒リーチへのケアが出来てなかった、っていうことなんですが^^;

じゃあまずは親のリーチが入ったところから↓

画像


親リーが入った後のツモで五筒が重なる。

ここはまっすぐ行くつもりで五萬から切り出して行った。
→この時点で五萬は親の現物になってます。

で、親リーだけなら押すつもりでいたけれども、今度は対面がツモ切りで追っかけてきた^^;
これはキツいところ・・・

画像


さすがに次のツモで聴牌する確証もないので、ひとまずは一発消しのチー。
で、打九筒
後で六筒が鳴ければ少しは勝負できるかな・・・
という低い可能性にかけてみた。

が、そうも上手くはいかないもので、以下のようなグダグダ形に。

画像



とりあえず両者に通りそうな八筒から。

その後に親のスジと対面のツモ切りリーチを頼って二萬も通してるんだから、八萬は通る可能性は高いはず。

そこを見逃してましたね。。

それでこんな感じに・・・

画像


うーむ、どうも集中できてない。
集中できてなければ二軒リーチをギリギリの状態で交わし切ることもできないよなー。。

ってことでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わかりやすい解説、ありがとう!^^!
親リーに打5mがあったんですね。見落としてました、スマソm(__)m

確かに、それがあってのこの放銃はヤバイですね〜ww
ひゃん
2010/06/03 00:52
>ひゃんさん
いやこちらの説明不足でした、すみません^^;
捨て牌3段目に入るあたりで色々と動きがあったんで、そこらへんの状況については説明を付けるべきでした^^;
テンテン
2010/06/03 01:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
二軒リーチへのケア 赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる