赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 逆切りのテクニック

<<   作成日時 : 2010/05/23 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

今日、以下のような形でアホな振り方をしてしまった↓

画像


ここでは七筒を打ってしまったけど、ここは八萬で普通によかったように思う。

集中力がかなり欠けてボケーってしながら打ってるとこうなってしまうわけで。。
ここは親しかあんまり見てなかった。

六筒一筒の順番の手出しで七筒が当たるパターンてマニアックだよなー・・
七筒八筒九筒はまあ通るだろ。

なんて思って切ったらトイメンにズドン。

2000点で済んだからよかったものの、二軒ケアは全くできてないってことで反省材料としなければならない局面ですね。

で、実際親の六筒一筒の順番の手出しで七筒手出しってどういう形からだろうか?

まずは打六筒のところ↓

画像


そして打一筒のところは↓

画像


ふむ。
まあこれは大体読み通りだったみたい。

こういうのって捨て牌読みの初歩的なところなんだろうけど、実戦では結構使える。
例えば、

七萬四萬の順で手出し(こういうのを「順切り」っていうみたい)されてたら、

四萬四萬五萬七萬の形から切ってる可能性が高いから、三萬六萬が一番打ちにくいかな・・・。

とか。大概の場面ではこれは普通に使っている人が多いかと。

ただ、この順切りをあえてすることで捨て牌に迷彩を施す打ち手もいたりする。

昔、雀荘のイベントで二階堂妹プロと同卓したことがあった。
東場くらいに子方のプロからリーチが入った。

捨て牌は確かこんな感じ。
九筒一萬南七萬二索三筒
四萬發五索横

ちなみに七萬四萬はこの順で手出し。

こちらも勝負手だったので通りそうな無筋は普通に打っていくつもりでいた。

ということで
八萬はまあ通るだろ・・」

って思って切ったら、「ロン(メンピンドラで)3900。」と言われた。

「あープロってこのくらいのテクニックは当たり前に使ってくるんだなー。。」
て思いましたね。

四萬六萬七萬七萬からの

七萬四萬の逆切り。

出上がりが欲しい場合等、条件がある場合はたまにこういうテクニックを使ってみてもいいかも知れないですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ アウトレット
逆切りのテクニック 赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ アウトレット
2013/07/03 11:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
> 8mで普通によかったと思う。

う〜む、この理由が私にはわからないのですがww

長い目で見て、7p放銃より打8mの方が質が悪いような気がするんですが・・・^^

だからテンテンさんに敵わないのですけどねw
ひゃん
2010/05/25 18:02
たしかに、8mの理由がわかりません

あと2sをしかけたタイミングが気になります
仙台人
2010/05/26 22:28
>ひゃんさん、仙台人さん
コメントありがとうございます^^
ちょっと指摘いただいたところについては説明が足りなかったんで、次のネタとして後日upさせてもらいますのでお待ち下さいm(_ _)m
@テンテン@
2010/05/27 19:38
こんばんは^^
昨夜はお疲れさんでした。
そういえば、この記事読んだ時に「なるほどなー」って思ったんですよ。
で、次回のガチンコ麻雀道の時にやってみようと思ってたんですけどね、昨夜はそれすっかり忘れてましたw

2010/05/28 21:31
>桃さん
こんばんはー^^
先日はお疲れ様でした。
この前の対戦で実戦できれば完璧でしたねw
ただ、なかなかチャンスがなかったので厳しかったかと・・・
次回に期待します^^
@テンテン@
2010/05/29 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
逆切りのテクニック 赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる