赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜

アクセスカウンタ

zoom RSS タンヤオ>翻牌

<<   作成日時 : 2010/05/14 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今回は先日紹介した壊れ性能三手役のうち、タンヤオと翻牌について比較してみようと思います。

比較とは、
【タンヤオと翻牌、どちらかの手役に絞らなければならないとき、どうするか?】ってこと。

具体例は↓

画像


このような局面になった場合、どうするか?

ちなみにこのパターンで自分は翻牌を選んだ。

そしてアガリ逃しをした・・・↓

画像



で、終わってから考えたけれども、
【やはり自在性を考慮すると、タンヤオ>翻牌になるんじゃないかな?】って感じがした。

というのも、

・翻牌→押さえられてたり持ち持ちだったら終了
・タンヤオ→アタリ牌を押さえられてもツモ次第で待ち牌を変更できる

というところが結構利いて来るのかなー、と。

南でアガる気ならば、南が場に放たれないとどうしようもない。
しかしタンヤオで上がる気ならば、例え待ちの4m、5m、8mが殺されてても後のツモ次第でなんとかなる。

例えば、

二萬三萬八萬八萬二索三索四索 五萬横五萬赤五萬 五索横五索赤五索

ペン4mで張ったとする。

そしてアガリ牌の4mが実質枯れたとする(4mカンとか)。
その場合、4mではあがれないが、

二萬三萬八萬八萬

の部分が、

ツモによっては
二萬二萬八萬八萬

になったり、

三萬三萬八萬八萬

に変化する可能性がある。

ということを考えれば、タンヤオと翻牌のどちらかを選択しなければならないときは、

【特別な条件がない限りはタンヤオに向かった方が無難・・・】

かな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^ 昨夜はお疲れさんでした。
図1の南だったら自分も待ちそうですよ、東場で他家にはオタ風だから出やすいかなって。
どこまで字牌にこだわるか、実際難しいところありますよね。
昨夜のガチンコ麻雀道でも迷ったのが2回ばかりありましたよ。あの中とか。
タンヤオ>翻牌・・・かな?ちょっと意識して対戦で試してみますねー。

2010/05/14 23:22
タンヤオに移行できるなら移行した方がいいですが、自分はこの場合は南を選びますね。
というのも1m引いたときのフリテンが痛すぎるのと、南の場合、風牌なんで比較的場に出やすい牌だからです。
gijyutu
2010/05/14 23:46
>桃さん
ちわっ^^お疲れ様です。
南はひとつ鳴けたら形がよくなるだけに、持ってもよさそうですが、リスクもあるんですよね。
字牌の扱いって難しいですね^^;
少し意識してみてくださいな^^
@テンテン@
2010/05/15 22:59
>gijytuさん
23mがリャンメンともタンヤオ確定ならば文句なしでタンヤオ移行ですけど、片アガリの形になるぶん迷ってしまいますね。
相手にとってオタ風の場合は場に出やすいと判断しての待ち取りという意味だと確かに南は優秀かも知れないですね^^
@テンテン@
2010/05/15 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
タンヤオ>翻牌 赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる