赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 染め手へのケア

<<   作成日時 : 2008/09/01 02:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

さて、今回は染め手へのケアについてちょっと。

オーラストップ目 二着とは17000点差 ラス親は34800点差の3着目。

倍ツモ、打ち以外はトップというまあ楽な局面。この場合のテーマは親に連荘させず、自分または他家い上がってもらえばokという状態。

とりあえずもらった配牌はコレ
画像


手牌構想としては、ドラ受けに拘らず、マンズで1メンツ、ソーズで1メンツ、ピンズで2メンツ、後はどこかでアタマを作っての1000点が現実的か?といったところ。

局の進行とともにそれなりに手は育ち、迎えた6巡目。ツモ5s。

一番マークかつ押さえ込むべき親が不穏な捨て牌・・・もうピンズまっしぐらw

とりあえず打9pでアガリに向かってみる。ラグがあるもスルー。

次巡のツモは7s。

画像


最も手広いのは当然7p。さてどうしたものか・・・

セオリーからいくと、この7pは相手にとって超急所。正直、ドラよりも切ってはいけない牌の可能性大。
9pは切ってて鳴かれなかったが、7p打っていいものだろうか?この間小考を挟み、結局7pを打って他の色で討ち取る作戦決行!

まあ当然といっちゃあ当然だが、89p晒してペン7pをチーされる。

これで12000は確定。

こっちとしては打点は関係ないのでリャンカンのマンズに食いつく準備をしてツモったのが7m。

まあ、テンパイとるかなと思って打7s

そしたら下がポン⇒4m即出で2600。ラッキーw

画像


でも完璧を期すなら7、9pは絞るべきだったかなと少し反省。。
まだ出たとこ勝負みたいな雑さは残るなぁというところでしょうか。。
まだまだ我慢が効かないぜぇ・・^^;

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おれも7p打っちゃいますね〜。
ここが駄目なとこといつも反省してます^^
攻めっけ強すぎw
親だし上がられたら逆転の目まで出てくるので、絞ってノーテンで終了ってのがベストな選択なんでしょうね〜。
しゅうちゃん
2008/09/01 22:46
この点数状況且つこの牌姿なら、打9p→打7pでアガリに向かう方が強いと思うよん。
おいらも同じ結果になってまふ。
9p鳴かれたら7pきらないけどね^^
光るん
2008/09/02 11:13
>しゅうちゃん
絞ってノーテンと後は他家のアガリという条件なので、ほぼ絞ればトップという局面ですからねー。。
しかし自分の欲を押さえるってのは想像以上に大変ですなw放銃率14%越えてしまいましたよw

>光るンさん
9p⇒7pの手順は正解だったみたいですねー。
逆だとどっちも鳴かれてた可能性もありますからねー^^;
ピンズ以外の好形で待てたらほぼ上がりは鉄板だけに判断は分かれそうですねー。。
@テンテン@
2008/09/02 19:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
染め手へのケア 赤入り麻雀戦術研究〜最速の和了を目指して〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる